【女性神職の挑戦】廣田神社がクラウドファンデングプロジェクトを開始
廣田神社(所在地:青森県青森市長島2丁目13‐5)は、今冬の大雪による災害により大きく傾き、倒壊寸前となった手水舎再建のため、クラウドファンデングサービス「READYFOR」にて「雪害で倒壊の危機!安全安心に手水舎でお清めできるように再建したい!」を開始することになりました。
9月15日(水)から10月29日(金)23時まで、300万円を目標に支援金を募集いたします。

プロジェクトのきっかけ

現在、境内に鎮座する八大龍神宮の修復や祖霊社の創建などで4,000万円の記念事業を行っている中での手水舎の雪害。
戦後の復興の中で建てられた手水舎は、予想以上に毀損の程度が大きく、経年劣化も進んでいて、今後も同じ仕様では倒壊も免れないとのこと。
そのため、仕様を雪国対応とし、より安全で安心してお参りできるように新築の計画を開始。
しかし、しっかりと作り直すには980万円かかり、その費用を全て賄うことは非常に困難でした。
したがって、プロジェクトを実施することで、全国の皆様とご縁の輪を広げ、神社の伝統文化を未来へとつなげていく活動の一環となればと思ったのがプロジェクトのきっかけです。

クラウドファンディングプロジェクト概要

・プロジェクトタイトル:「雪害で倒壊の危機!安心安全なお清めができるよう手水舎の再建を!」
・ページURL:https://readyfor.jp/projects/hirotajinja

積雪の様子


・実行者 :廣田神社 名久井育美
・目標金額:300万円
・形式  :通常型/all-in形式
・公開期間:2021年9月15日(水)10時〜 10月29日(金)23時
・資金使途:手水舎再建費用
・リターン一例・旧手水舎を長年支えてきた柱を再利用して奉製した御守り。今しかできない特別なところへお名前保存コースなど。

実行者 名久井 育美さんからのコメント

創建一千年以上の歴史を誇る廣田神社は、街の中心に鎮座し、何代にも渡って地域の人々に親しまれてきました。
世界一の降雪都市、青森市では1年の多く期間を雪と共に生活しています。
その雪は、美しい情景と豊潤な清水を与えてくれますが、一方で家屋の倒壊や交通事故など、様々な災害ももたらす一面もあります。
雪害で倒壊した手水舎も、冬季間、落雪の危険から使用できない日が度々ありました。
戦後、復興を進め、人々の心身を祓い清めてきた旧手水舎が、装いも新たに、雪国に強い、そして冬でも安心安全にお参りできるよう再建を進めるべく、クラウドファンディングの成功に尽力したいと思います。

お問い合わせ先
病厄除守護神 廣田神社 担当:名久井育美
Email: info@hirotajinja.or.jp
TEL:017-776-7848
廣田神社公式サイト
Webページ:http://hirotajinja.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/hirotajinja
Instagram:https://www.instagram.com/hirotajinja/
Twitter:https://twitter.com/hirotajinja

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!