ラインメール青森FCがオンライン学校訪問をおこないました!

ラインメール青森FCの実施するオンライン学校訪問へお邪魔しました。

今回のオンライン学校訪問では、ラインメール青森FCが実施したクラウドファンディングで集まった資金をもとに購入したサッカーボールの贈呈もおこなわれました。

今回の大野小学校特別支援学級の皆さんの元への学校訪問で7回目とのこと。

金聖基選手と木下高彰選手のお二人が参加しました。

金聖基選手(左) 木下高彰選手(右)

ラインメール青森FCクラウドファンディングとは?
ラインメール青森FCが、6月11日から7月12日までのおよそ1ヶ月間にわたり実施したクラウドファンディング「青森市の子供たちに笑顔のパスを」プロジェクトのことです。
青森市の子どもたちへの支援、そして青森市のスポーツ振興を後押しするため、青森市内の全ての小学校へサッカーボール(2~5個)とコーン(20個)を購入し、配布をしました。

現在、新型コロナウイルスの影響で選手が子どもたちと直接触れ合うことができないため、オンラインを活用した「オンライン学校訪問」をおこなっているそうです。

児童たちとのじゃんけん大会質問コーナーなどがあり、終始とても盛り上がっていました!

じゃんけん大会の様子

プロサッカー選手の皆さんに質問できる機会なんてなかなか無い! すごいですよね!
普段の練習についてやプライベートなど、さまざまな質問を選手へ尋ねているのが印象的でした。

じゃんけん大会では、勝ち残った児童2名へ金選手、木下選手からお二人のサイン入りクリアファイルがプレゼントされました!(拍手)

終了後、両選手へ今日のオンライン学校訪問の感想を伺うと、

金聖基選手

「子どもたちが元気よく参加してくれて嬉しかった。元気をもらえた。」

木下高彰選手

「子どもが好きなのでとても楽しかった。」

とお話ししていました。また、今後の試合への意気込みを伺うと

「今はコロナということもありますが、ぜひスタジアムに試合を見に来てほしい。スタジアムでは、選手も観客も一体となって試合に臨み、そして青森を盛り上げていけたら。」と金選手

木下選手は「勝てば勝つほど注目してもらえると思う。試合に勝つことでチームも盛り上がりますし、次の試合も頑張っていきたい。」とのことでした。

次のラインメール青森の試合は、今週日曜日、アウェイで大阪府堺市にある「J-GREEN堺メインフィールド」にておこなわれます。13時からキックオフです!☆

試合の様子はYouTubeで配信予定ですので、皆さまぜひご覧ください!!

きづ、どうだべが?(記事に対する感想をお願いします)

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!