気分は修験者!「冬の奥入瀬渓流修験(しゅげん)ツアー」実施
奥入瀬(おいらせ)渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2022年1月1日~30日の土日限定で、迷いを断ち切り、新たなスタートを切る「冬の奥入瀬渓流修験(*1)ツアー」を実施します。
これは修験者の白い装束(しょうぞく)を身につけて、修験の場として栄えた十和田湖、奥入瀬渓流周辺で修験を体験するツアーです。
修験で迷いを断ち切ったあとは、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝します。
参加者は、気持ちを一新して新たな一年を迎えることができます。
*1 山野や霊山・霊地で苦行を積み、霊験(神仏の不思議で測り知れない力のあらわれ。祈りに対して現れる利益)のある法力を身につけること。

特徴1 厳冬の奥入瀬渓流と十和田湖で行う修験体験

修験のはじめに、古来より奥入瀬渓流から十和田湖へ向かう参拝者が立ち寄ったとされる「銚子大滝(ちょうしおおたき)」で凛とした空気を感じ、気持ちを引き締めて心身を清めます。
その後、ネイチャーガイドと共に先人たちの足跡を辿って、スノーシューで約1~2時間歩き続けます。
真冬の厳しい自然の中に身を置いて、煩悩や迷いを振り払う、これまでの自分自身と向き合うための修行です。
体力に合わせて2つのコースを用意しました。
【軽苦行コース】
銚子大滝から子ノ口(ねのくち)まで、奥入瀬渓流の上流1.6kmを歩く、初心者向けコース。
【難行(なんぎょう)コース】
十和田湖を一望できる瞰湖台(かんこだい)展望台まで約4kmを歩く、体力に自信がある方におすすめ。

特徴2 修験を行うための特別な装束

身なりと気持ちを整えるため、出発前に修験者が着用していた白い装束に着替えます。結袈裟(ゆいげさ)(*3)、引敷(ひっしき)(*4)、杖など厳しい修験から心身を守る衣装のほか、修験を無事に行えるように、十和田神社で祈祷していただいたお守りを身につけて臨みます。
*3 修験道の行者「山伏(やまぶし)」がつける袈裟(げさ)。細長いきれ地3筋を緒で結んで連ね、所々に菊綴(きくと)じをつけたもの。
*4 紐で腰に巻き着ける座布団。

特徴3 北東北の二大霊場と呼ばれる「十和田神社」へ参拝

修験で心身を整えたあとは、十和田神社へ赴き、祈りを捧げます。苦行後の参拝は、いつも以上に自分の心が清らかになり、思いを込めて念じることができます。また、記念としてもらえるのは、十和田神社オリジナルの木の御朱印帳とりんご輪紙(*5)を使用した御朱印です。新たな一年への願いを胸に、気持ちを一新して一年のスタートを切ることができます。
*5 ジュースやジャムの加工で残るりんごの種や皮を再利用した紙。
「冬の奥入瀬渓流修験ツアー」概要
期間    :2022年1月1日~30日(土日限定)
時間    :12:30~16:30
場所    :奥入瀬渓流、十和田湖周辺
料金    :1名16,500円(税込)
含まれるもの:往復送迎、修験体験、オリジナル御朱印帳、御朱印、修験装束とスノーシューのレンタル
定員    :1日1組(1~2名)
予約    :公式ホームページ([https://www.oirase-keiryuu.jp/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/})にて1週間前まで受付
対象    :宿泊者
備考    :荒天時、ツアーが中止になる場合があります。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
〒034-0301 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数 187室
[https://www.oirase-keiryuu.jp/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/}

きづ、どうだべが?(記事に対する感想をお願いします)

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!