おすすめ 「ファンパーネ!」の新着情報!
「青森海ごみ探検隊」が開催されました!

2021年11月20日(土)10時~ <開催場所>浅虫水族館

CHANGE FOR THE BLUE in青森実行委員会は、県立浅虫水族館と協力し、2021年11月20日(土)に海洋ごみ問題について学ぶイベント「青森海ごみ探検隊」を開催しました。
※8月開催予定だったものを延期し、上記日程にて開催することとなりました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。
青森県は、周囲に日本海、津軽海峡、太平洋、陸奥湾と、まさに「海に囲まれた県」です。しかし、海流の影響や地理的な特性から、多くの「ごみ」が漂着しています。海洋ごみの約8割は街から流れてくるものといわれており、青森県を取り囲む海を美しくするには、県内に溢れているごみを綺麗にする必要があります。
浅虫水族館は、青森県内の豊富な水産資源や、世界の珍しい水生動物など飼育展示しており、日頃から陸奥湾周辺のごみ拾い活動を行っています。
    【実施概要】
    ・日時:2021年11月20日(土)午前10時~午前11時
    ・場所:浅虫水族館 〒039-3501 青森県青森市浅虫馬場山1−25
    ・アクセス:浅虫温泉駅 徒歩10分
    ・内容:海洋ごみについての説明
    きれいな海?ごみの海?~魚より増える海洋ごみ~
    海洋ごみとは? ・プラスチックの特徴 ・プラスチック容器の利用率&再利用率
    海洋ごみに対する対策方針
    ・参加者:親子5組(応募は締め切っています)

    CHANGE FOR THE BLUE
    国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
    産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信しています。
    https://uminohi.jp/umigomi/

    日本財団「海と日本プロジェクト」
    さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
    https://uminohi.jp/

    きづ、どうだべが?(記事に対する感想をお願いします)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてけろ!

    最新情報をお届けするだ!

    Twitterフォローしてけろ〜!

    これも読んでけろ!
    カテゴリー