クマの出没に注意してください!

青森県では現在、ツキノワグマ出没注意報が発令されています。
ツキノワグマは春先に冬眠から、目覚め活動を開始します。

青森県のツキノワグマ出没注意警報は、令和3年4月5日(月) ~ 令和3年11月30日(火)までが発表期間とされています。

秋になると、クマがこれからの冬眠に備えて食料を探し回るので活動範囲が広くなります。青森市だけでも、多くのクマ目撃情報が寄せられています。

また、小熊がいた場合も注意です。近くに母熊がいる可能性があります。子育て中の母熊は、子を守るために気性が荒くなっている可能性があるので、気をつけましょう!

青森市役所HPに記載されている、「クマに関する豆知識」を引用します。

・クマは1日で40~50キロメートルくらいを歩けるほどの行動力をもっています。
・クマは基本的に果実や山菜(特にタケノコが好物)を食べる草食ですが、繁殖期になると共食いする肉食でもあります。
・クマは臆病な動物ですので、人間などの気配を感じると自分から逃げていきます。
・エサを食べることに夢中になっていてバッタリ人間と遭遇したときに自己防衛の手段として人間を襲ってきます。
・同様に子グマを連れている親グマも子どもを守るために凶暴化します。
・人が捨てていったごみなどをエサとして食べたクマは人間に対する警戒心が低くなっているので、危険です。

青森県庁のHPには、「クマ出没マップ」もあるので、こちらもあわせて参考にしてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!