白い球体が庭に出現!調べてみたところ…【オニフスベ】

謎の球体現る

8月下旬、庭にヘンテコなモノがあったと、母からの報告がありました。

「白くて丸くてデカいものがある……」と。

早速向かってみると、ありました。

なんだこれ……
バレーボールサイズの球体が転がっています。めちゃくちゃ異彩を放っております。
多分、キノコだと思うんですが、見てもわかるように日光の当たる場所なんですよ、ここ。
きのこって、ジメジメした場所に生えるイメージがありますよね。

真っ白すぎて白飛びするくらいです。直径30センチ以上はあります。

ネットで調べてみた

「白くて大きくて丸いキノコ」と調べてみると、庭に生えたキノコと同じ写真のキノコが沢山見つかりました!

どうやら名前は、オニフスベという名前のキノコのようです。キノコについては全く詳しくないんですが、ホコリタケ科だとか。

ニュースに取り上げられるほど、珍しいキノコなんですね。

オニフスベは卵型に近いものやゴルフボールのような球型しており、非常に大きく成長するキノコです。具体的な大きさの目安としては特に大きいものであれば直径50cmを超えるものも確認されています。

表面は白色で基部に根状の菌糸束をつけ、全体を覆っている皮は3層になっており、一番外側の皮は薄くて白色、2番目の皮は厚くて淡い黄色をしており、一番内側の皮は非常に薄く紙状で白色、艶があります。
オニフスベは成熟が進むと内部の皮は褐色を帯びていき、一番外側の外皮はヒビが入り始め、やがて剥がれて二番目の皮が現れます。更にそこから皮が破れていき、やがて粉上の胞子の塊を辺りに撒き散らすようになります。

球体で、直径50センチを超えるらしいです! 恐ろしいですね。
ちなみに、家の庭に生えたキノコは、母が見つけて早々蹴飛ばしたのでご臨終済みです……。
珍キノコなのに……。

どうやら食べられるらしい

食べ方
汁物、揚げ物など。
スライスしてフライにしたものをタルタルソースなどで食べます。

オニフスベはヨーロッパではスライスしたものをバターで焼き、パンに挟んで食べるそうです。
成熟して、内部が褐色を帯びる前の肉が白い時のみ食用として食べます。

丁寧に食べ方まで記載されてるよ……
どうやら、オニフスベは食べられるキノコのようです。毒キノコ感満載なんですけどね。
はんぺんのような食感らしく、美味くも不味くもないのだとか……。
せっかくなら調理して、みやこさきに食べさせようと思ったんですが、かわいそうだったのと(みやこさきが)、キノコに触る勇気がなくてやめました……。

ということで、棒を使って転がしました。

切ってみた

断面図はこんな感じです。 密度がすごいです!
包丁が沈んでしまうくらい弾力がありました。

ちょっと黄ばんでいて、「これを食べる人間がいるんか……」と思いました。
が、YouTubeを漁ってみたところ、”日本”で実際に食べてみた人がいました。

楽しそうなBGMが流れているんですけど、一口食べて、それ以降箸が進んでいないんですよ笑
是非見てみてください。笑いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!