極楽湯 青森店「お食事処」、フルセルフレジシステム「AFS製セルフショット」採用

■セルフレジ「セルフショット」とは
すべての飲食業態に対応する・あらゆるお客様の会計シーンに対応するセルフレジ」をテーマに、前会計、後会計、混在会計、券売機会計、セミセルフ会計、非接触スマホチャージ会計、カード型チャージ会計、通常会計と、8つの会計スタイルを1台の機種で選択できるのが「セルフショット」です。
この8つの会計スタイルのうち、お客様自身が操作して会計まで執り行う「前会計セルフレジ(当社製品名:「セルフショット」)」が今回、極楽湯 青森店様に納品されました。

極楽湯 津店のセミセルフ方式「セルフショット」に続いて、極楽湯 青森店のお食事処に導入した「セルフショット」は、お客様注文端末と連動し、ご注文~ご提供までをお客様ご自身で完結していただく完全セルフ化を実現するため、メニュー選択オーダーからのフルセルフレジ仕様となっています。
仕様は、従業員の煩雑作業を軽減し、より余裕を持ってお客様と接することを後押しするほか、お客様がメニュー選択から会計操作までを行っていただくことにより、完全非接触化を促進し、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減することにも役立ちます。

■極楽湯の紹介
株式会社極楽湯は、日本国内外にスーパー銭湯の「極楽湯」「RAKU SPA」の54店舗(2021年9月1日時点 ホームページより)展開されており、同系列のスーパー銭湯の店舗数としては日本一の店舗数です。
多数の種類のお風呂を備えて、リラクゼーション・お食事などが楽しめる日帰り温泉施設です。
極楽湯グループのスローガンである「「ゆ」から世界を新しく」を実感することのできる企業です。

 

きづ、どうだべが?(記事に対する感想をお願いします)

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!