『いとみち』のBlu-ray&DVDが1/7に発売決定!
第16回大阪アジアン映画祭でグランプリ&観客賞W受賞!青森出身、横浜聡子監督の最高傑作。
『いとみち』のBlu-ray&DVDが2021年1月7日に発売決定!
★心を震わす日本のソウルミュージック――津軽三味線がつむぐ珠玉の人間ドラマ。
祖母、父と共に三世代で暮らし、家族愛に包まれていた少女が、社会の荒波をたくましく生きる人たちをふれあい、成長する―。大ヒットした『陽だまりの彼女』の原作者である越谷オサムのベストセラー青春小説『いとみち』(新潮文庫刊)がついに映画化!脚本・監督は『ウルトラミラクルラブストーリー』『俳優 亀岡拓次』などで知られる青森出身の鬼才・横浜聡子。先の見えない時代に生きる市井の人々を温かなまなざしで描いた最高傑作です。
★新星・駒井蓮と名優・豊川悦司の親子愛にホロリ。
ぶっきらぼうな中に、凜とした意志を感じさせるヒロイン・いとを演じたのは、主演2作目となる駒井蓮。未経験の津軽三味線を約1年かけて猛特訓し、劇中で演奏に挑みました。シングルファーザーで民俗学者の耕一役には名優 豊川悦司。幼くして母を亡くした思春期の娘の自立に動揺しながらも、懸命に寄り添おうとする慈愛に満ちたまなざしが切なく胸を打ちます。
★心癒やされる雄大な風景。オール青森ロケ、青森のスター結集
主演の駒井蓮は青森県平川市の出身。彼女や祖母ハツヱ役の西川洋子をはじめ、青森市出身で青森市観光大使の古坂大魔王、ジョナゴールド&とき(りんご娘)、幸子の娘・樹里杏役の櫻庭悠月、いとの同級生役のアルプスおとめ、ライスボールなど、青森を代表する才能が結集しています。そのほか、弘前市出身のロックバンド、人間椅子の名曲「エデンの少女」が、いとと早苗の心情に寄り添います。

『いとみち』作品情報

【キャスト】
駒井蓮 豊川悦司 黒川芽以 横田真悠 中島歩 古坂大魔王 ジョナゴールド(りんご娘) 宇野祥平 西川洋子
【スタッフ】
脚本・監督:横浜聡子 原作:越谷オサム『いとみち』(新潮文庫刊) 音楽:渡邊琢磨 エグゼクティブプロデューサー:川村英己 プロデューサー:松村龍一 撮影:柳島克己 美術:布部雅人 塚本周作 照明:根本伸一 録音:岩丸恒 編集:普嶋信一 音響効果:渋谷圭介 スタイリスト:藪野麻矢 ヘアメイク:澤田久美子
【ストーリー】
“いとみち”とは三味線を弾くときに指にできる糸道のこと。そこから名前の由来をもつ相馬いと(駒井蓮)は、青森県弘前の高校に通う高校生。民俗学者の父耕一(豊川悦司)と三味線を弾く祖母と三人で暮らしている。今は亡き母から引き継ぎ、特技は 津軽三味線だが、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分は誰にも見せられず、友人もいない。 そこで、思い切ってはじめたアルバイト先は、なんとメイドカフェ。 少しあやしげな店長、先輩メイドのシングルマザーの幸子、漫画家を目指す智美、そして風変りな常連客たち。メイドカフェで働く娘を心配しつつ見守る父親も登場し、いとの成長を描く。メイド服で津軽三味線をかき鳴らすいとが、本当の自分を解放する時、自分らしく、色鮮やかな人生を織りなしていく!

『いとみち』商品情報

【発売日】
2022年1月7日(月)
【価格】
Blu-ray:6,380円(本体価格+税10%)
DVD:5,280円(本体価格+税10%)

【仕様】
・DVD映像特典ディスク付き2枚組+フォトブック封入
・2ch/5.1chドルビーオーディオ/オーディオコメンタリー

【映像特典】メイキング /舞台挨拶/WEBプロモーション映像集 他
【封入特典】フォトブック
【特典仕様】ピクチャーディスク
※Blu-rayとDVDは共通の特典(映像特典ディスク/オーディオコメンタリー/フォトブック)となります。

※デザイン・特典及び仕様はすべて予定です。発売時には予告無く変更になっていることがあります。
※レンタル同日リリース

発売元:日活株式会社
販売元:ハピネット・メディアマーケティング
(C) 2011 越谷オサム/新潮社 (C)2021『いとみち』製作委員会

この記事が気に入ったら
フォローしてけろ!

最新情報をお届けするだ!

Twitterフォローしてけろ〜!

これも読んでけろ!